ホタテ丼

ホタテ丼

青森県陸奥湾沖で獲れる、おいしいホタテ貝を使った「ホタテ丼」は、お勧めの絶品メニューですが、ホタテ貝は栄養面で魅力のある食材です。

サイトトップ > ホタテ丼の栄養

スポンサードリンク

ホタテ丼

ホタテ丼の栄養


青森県陸奥湾沖で獲れる、おいしいホタテ貝を使った「ホタテ丼」は、お勧めの絶品メニューですが、ホタテ貝は栄養面で魅力のある食材です。


ほたて貝は、低カロリー、高タンパクでミネラル、ビタミンが豊富です。その中でも「タウリン」がもっとも注目されています。栄養ドリンクのCMでも盛んに宣伝していますよね。タウリンはアミノ酸の一種で、ある種のアミノ酸の最終代謝産物なのです。ホタテ貝にはカキと共にタウリンの含有量が大変多いのです。


実際に目でも見ることができます。よくスルメの表面に白い粉が付着しているのは知っていると思いますが、 この白い粉こそタウリンそのもので、旨味成分でもあります。 体内では、筋肉を中心に、心臓や肝臓などの臓器や、脳、眼の網膜に高い濃度で含まれていて、 特に筋肉には、体内のタウリンの約7割が含まれているということです。


タウリンは、コレステロールの沈着や、心筋からカルシウム、カリウムが失われるのを防ぎ、血圧も下げるなどさまざまな働きがあります。又、タウリンには身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用もあります。


ホタテ貝には、他にも亜鉛、セレン、ビタミンB2、ビタミンEなども含まれています。さあ、こんな魅力ある栄養食材のホタテ貝を使ったヘルシーな「ホタテ丼」です、青森駅に着いたら、ぜひ思い出して下さいね。


ホタテ丼

MENU



スポンサードリンク