ホタテ丼

ホタテ丼

青森県陸奥湾沖で獲れる、おいしいホタテ貝を使った「ホタテ丼」は、お勧めの絶品メニューですが、ホタテ貝は栄養面で魅力のある食材です。

サイトトップ > 和食処 柿源

スポンサードリンク

ホタテ丼

和食処 柿源


青森市内には、青森県陸奥湾沖で獲れる、おいしいホタテ貝を使った「ホタテ丼」を頂けるお店がたくさんあります。ここで、そのお勧め店を紹介していきましょう。


まずは、「和食処 柿源」です。場所は青森市新町にあり、青森駅から一番近いほたて料理専門店ですが、創業は大正時代だという老舗です。1階席は30名、2階席は45名までは入れる大きなお店。ホタテ貝に加えて、青森名物「じゃっぱ汁」(たらのあら汁)や、郷土料理「けの汁」も賞味できます。


「じゃっぱ汁」は、主にタラや鮭を入れて、納屋で大鍋を使い料理されたという漁師の土地ならではの豪快な郷土料理です。


「けの汁」お方は、「粥(かゆ)の汁」のことで、米が貴重だった昔、山菜や野菜を米に見立てて、細かく刻んで食べたのが始まりだといわれている素朴な津軽の郷土料理となっています。


さて、かんじんの「ホタテ丼」ですが、味噌汁と漬物付きで1050円となっています。少し甘味のあるタレで煮込まれた大きなホタテ6コと、れんこん、たけのこ、しいたけが御飯の上に乗り、紅生姜が薬味で添えられます。


とにかくホタテ貝は新鮮そのものなのでプリプリで、その風味をタレが更に引き立てているようで、おいしいことこの上なしです。この単品の「ホタテ丼」に加えて、「ほたて塩焼き定食」1400円もお勧めです。ホタテ貝塩焼き4個に、ご飯、味噌汁、小鉢、漬物が付いていて、塩焼きしたホタテ貝の味も捨てがたいおいしさですよ。


ホタテ丼

MENU



スポンサードリンク